建設業の給与と福利厚生

みなさんこんにちは。豊明建設の採用担当です。
今回のブログでは、建設業の給与と福利厚生について、求職者の皆様にお伝えしたいと思います。

建設業の給与

建設業の給与は、一般的なイメージと異なり、決して低くはありません。
国土交通省の調査によると、建設業の平均年収は約500万円です。また、公共工事の場合、民間工事よりも平均年収が高くなる傾向があります。
さらに、建設業では、資格や経験を積むことで、高収入を得ることができます。例えば、1級建築施工管理技士や1級土木施工管理技士の資格を取得すると、さらなる年収アップが期待できます。

建設業の福利厚生

建設業の福利厚生は、近年、充実が進んでいます。
豊明建設でも各種社会保険はもちろんですが、育児介護休業制度、社員の心身の健やかさを保つことを目的とした活動の一環としてレクリエーションや健康に関するセミナー、ストレスチェック等を定期的に行っております。
このような活動を評価していただき、「健康経営優良法人ブライト500」の称号を継続していただいております。
また、昨年より選択制確定拠出年金制度をスタートし、特に若年層の資産形成に大いに役立てていただいております。

建設業のIT化

近年は、IT化や自動化が進み、働き方が大きく変化しています。
例えば、ICT(情報通信技術)を活用した施工管理システムの導入により、現場での作業効率が向上し、残業時間の削減が進んでいます。
また、リモートでの打ち合わせ等の導入により、移動時間を削減できている現場もあります。

まとめ

このように、建設業は、働きやすく、給与も安定した業界で、弊社もそういった環境を構築できるよう様々な施策を行っております。
建設業の求人をお探しの方は、ぜひ私たちまでご連絡ください。
一緒に建設業界の未来を創造していきませんか?

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 建設業の魅力

  2. 建設業界の現状と展望

  3. がんゼロ事業連絡会

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP